<現状の課題>
ソフトウェア開発は後払いが主な支払い手段の業界であり、受注した会社は開発終了までお金を受け取ることができない。 受注した案件の中には開発終了後、契約期間が過ぎても決済が行われないということがしばしば起き、キャッシュフローを圧迫するきっかけとなっていた。

<DIGITRAD導入後>
DIGITRADへのデポジットがあるので、発注者が開発終了後に支払いをしないという事態を避けることができる。発注者も先払いよりもリスクが少なく、支払い後の受注者のモチベーション低下を避けることができる。