<現状の課題>

現地の企業の多くは数人規模のレベルの中小企業から引き合いがあった。

地方へ納品の場合、納入後の支払いで揉める事も多々あり、ビジネスを広げる上で大きなネックになっていた。

<SHC決済を活用する事で>

バイヤーからデポジットを受ける事で、安心して製品を出荷できるようになり、不良品以外で資金回収不能がなくなった。

バイヤー側も、自身の取引実績が客観的に残り、別のビジネスの際の信頼に繋がった。